違い

結婚などをきっかけに新築の一戸建てやマンションという広い住まいへの引越しを検討する人が多く見られます。
一戸建てやマンションには、こだわり抜いた注文住宅から低価格で手の出しやすい建売住宅があります。
後悔のないようどちらのメリットやデメリットをしっかりと考えた購入が大切です。

一戸建てといえば、やはり新築の注文住宅に憧れる方が多いようです。
金額に制限を設けなければ、いくらでも外観や室内のデザイン、材質など細部まで自分の好きなようにこだわることの出来る魅力があります。
更地だった場所にコンクリートの土台が作られ、骨組みが作られ少しずつ肉が付いて行くかのように完成していく様を見ることができます。
しかし注文住宅の場合、打ち合わせから建て始めまで時間がかかることは確かなので、期間を長くみておく必要があります。

新築で購入する選択肢として、建売住宅も注文住宅に比べて人気がないわけではありません。
まず、注文住宅と比べて土地を探したり設計の打ち合わせなどといった手間がだいぶ省かれるので、早めに引っ越しを決めたい方には最適です。
さらに、すでに出来上がっている状態ですので、実際に物件の構造や状態などを見ることが出来ます。
新築に比べるとだいぶコストも軽減されるので、一戸建てを建てたいけれど資金が不安という場合は一度建売住宅を検討するのも1つの手段です。

イチ押しリンク

こだわりのつまった注文住宅を建てよう【八王子で注文住宅を建てるならこの会社!ランキング】