購入適齢期

家を購入するのに何歳からという決まりはありませんが、平均的に30代が多いようです。
20代のうちで結婚したとすると、この頃になれば家族構成や仕事の安定などでライフスタイルが確立します。
貯金もある程度貯まり将来性がしっかり見据えられるということが、理由の1つでしょう。

更に住宅ローンは長くて35年の契約であり、返済が終わる頃の年齢も80歳前後ということが決められているので、40代を過ぎてしまうとローンを組むのが難しくなります。
定年までにローン返済を完了して老後の負担を減らすためにも、住宅ローンは30代前後で組むのが最適だと言えます。
しかし近年、20代の若者の住宅購入も増えています。
不動産価格の低下などから、金利の安い今のうちにローンを組んでしまおうと購入を決断する人が多いようです。

新居を購入する年齢はその人のライフスタイルや人生設計によって大きく異なりますので、失敗しないように返済までの計画をしっかり立てて購入します。